7.29.2019

SLANT(from South Korea) Japan Tour 2019

*
SLANT(from South Korea) Japan Tour 2019



 9/5(木) 東京・小岩BUSHBASH
w/ SANOA, YALLA and WIPES
7:30open / 8pm Start
Door only ¥2500- + 1drink

9/6(金) 愛知・名古屋 Ripple

w/ MILK and NicFit
8pm open / 8:30pm Start
Door only 2,000yen

9/7(土) 岡山・CRAZYMAMA STUDIO 
w/ DESERVE TO DIE, LAST, TILL EWING, Tive, TURNCOAT and やっほー
6pm open / 6:30pm Start
Adv ¥2,000- / Door 2,500yen

9/8(日) 大阪・難波 Bears
w/ BACK TO BASICS, BRAVE OUT and RUNNER
6:30pm open / 7pm start
Adv ¥2,300- / Door 2,800yen

9/11(水) 神奈川・西横浜 El Puente
w/ CRUCIAL SECTION, Malimpliki and TRAGIC FILM
7:30pm open / 8pm start
Door only ¥2,500- + 1drink

9/12(木) 埼玉・秩父STUDIO JOY
w/ Ignition Block M, piss all overs and 猿芝居
6:30pm open / 7pm start
Door only ¥1,500-(inc 1drink)

9/13(金) 宮城・仙台 K's studio
w/  DICK BOYS(from C.A.Feissner), FIDO'S BRUNCH, GAK, Ignition Block M and Not Nice
DJ:FUMIGADOS(C.A.Feissner), Kato-Hawk(DESOERDICIO), MothdaMothzo
Shop:DOG RECORDS
6:30pm open / 7pm Start
Door only ¥1,800-

9/14(土) 東京・新大久保EARTHDOM

w/ KLONNS, odd eyes, The Sleeping Aides and Razorblades, UNARM and The Vertigos
DJ:KURO(Square The Circle) + 35 Vicious 
6pm open / 6:30pm start
Adv ¥2,500- + 1drink / Door ¥2,800- + 1drink

*
2018年発表のデモテープ、そして 2019年にIron Lung Recordsから発表された1st 7" Vain Attemptで世界の注目を集めた韓国・ソウルの4人組ハードコアパンクバンド "SLANT"。
タイトなボストン・ロウ・ハードコアサウンドに怒りの感情を爆発させたYejiの叫び。体が動かさずにいることが難しい最高峰のバンド。昨年の東京ショートツアーでの衝撃を再び。



*
Vain Attemptは、レコーディングをドラムであるGarret(Bloodkrow Buthcer, Male Nurses, Crawler etc)が、マスタリングはRIXEのMaximeが担当。ボストンでの友情を感じられる1枚が本ツアー、そして先日のRIXE 来日のきっかけ(元凶)に。
ギターのYuyingはソウルのライブハウスGBNのオーナー、ベースのDongwooはScumraidやArryamのメンバーであり、ボーカルのYejiはタトゥーアーティストとしても活躍中。どれも素晴らしいものだと思うので気になった人はチェックしてほしいです。

*

2日間 Ignition Block Mと回ります。
ツアーで初仙台。どちらも楽しみです.





7.25.2019

Strip Joint - Like A Storm 7" & Release Show 2days


*


Strip Joint - Like A Storm
7" + Download code
Side A
1.Like A Storm

Side B
1. Leisurely
<BHR-027>

*

東京で出会い結成されたPOST PUNK / DARK WAVE バンド “Strip Joint”による初アナログ盤。本作のリリース前にCeremonyからStrip Jointへ改名。今までのサウンドは踏襲しつつ、雰囲気の異なるアレンジがされた今回の2曲からは彼・彼女たちの新たな表現を感じることができる。

*

10秒程度の映像で心が惹きつけられたことがきっかけでリリースに至った1枚。私見を述べると、バンドがいる場所とレーベルがいる場所は決して近くはない。その距離感が心地良い。少し離れたところから4人の動きを見ることで、自分に無い視点を得たり新しい誰かに出会えたりする。いつも同じ場所に同じメンバーいることが苦手な自分に合っているのかもしれない。

*

アートワークはメンバーの希望によりKTYL(Young Lizard, Moonscape, Payback Boys)が、レコーディングおよびミックスは過去の作品も手掛けていたKeisuke Mukaiが、マスタリングはレーベルの提案でオーストラリアでは知らない人がいないであろうMikey Young(Total Control / Eddy Current Suppression  Ring)がそれぞれ担当。以前からの友人、レコードを楽しみに待っている人に手がけてもらえたのはとても嬉しい。そして、きっかけとなった映像を見せてくれたSHV(KLONNS)に感謝します。

Like A Storm - Dir by Heiyuu + Yohji Uchida

*
取り扱いディストロ・店舗
・UNK distro (青森)
・Mothperdicio Tapes (仙台)
・COCONUTS DISK (吉祥寺)
・too smell records (吉祥寺)
・BUSHBASH (小岩)
・BASE (高円寺)
・NAT (新宿)
・r (綱島)
・FILE UNDER (名古屋)
・とぅえるぶ -twelve- (京都)
・PUNK AND DESTROY (大阪)
・FLAKE RECORDS (大阪)
・Distro Cabbege Case (徳島)
・diskunion (関東 + 大阪 / Web) 
・moterpool records distro (福岡 / Web)
THE STONE RECORDS (Web)
・mabaseshop+cogitodistro (Web)

ストリーミング + ダウンロード
・Bandcamp https://blackholekuroiana.bandcamp.com/album/like-a-storm
・iTunes https://music.apple.com/us/album/like-a-storm-single/1469854299
・Spotify https://open.spotify.com/album/0TzhniQDmfqDwnudzM1hO6

*

レコ発を8月に2回東京で行います。初日はStrip Joint + Riku、2日目はBLACK HOLEによる企画になります。

●DAY 1
8/12(MON) BASEMENT BAR + THREE, Shimokitazawa, Tokyo

< Basement Bar > ・Klan Aileen ・KLONNS ・kumagusu ・NEHANN ・Mississippi Khaki Hair ・Strip Joint ・WOOMAN ・zeami < Three > ・babyiqing ・Barrell ・Bugoctet ・Grace Cathedral Park ・Kotsu B2B riku ・Mora Mothaus ・PRINCE GRAVES ・yolabmi
Ticket  Adv 2,500yen+1drink / Door 3,000yen + 1drink
Open 4pm 

●DAY 2
flyer by Hikari(Granule /  Discipline)

8/31(SAT) EARTHDOM, Shin-Okubo, Tokyo
・Strip Joint
・asthenia
・Kaltbruching Acideath
・Solvent Cobalt
・Unarm
・X≒Beat
・DJ GOODGUY BADBAND(YAGI + BLACK HOLE)
Ticket  Adv 2,000yen + 1drink / Door 2,500yen + 1drink
Open 6pm  / Start 6:30pm

*
どちらも素敵だと思います。

4.22.2019

RIXE from Paris Japan & Korea tour 2019

*
RIXE from Paris Japan & Korea tour 2019

POSTER by SAL  (DESCONTROL PUNK SHOP in L.A.)

*

2015年 La Vida En Musよりリリースされた"Coups Et Blessures"の衝撃から4年。2019年6月、遂にフランス・パリからRIXEがやってくる。2年間で6度のリプレスを記録した1st 7"はもちろん、最新作でもタフなPunkサウンドは健在。Oi、Punk、Hardcoreそして国の壁を超えて衝撃を与え続けている。

メンバーが韓国のSLANTのメンバーと旧縁であり、7"をマスタリングしたこともあって、この2カ国でのツアーが実現。声をかけてくれたGarretありがとう!

日本語で"争い"を意味する名の通り、拳をあげるよりも体がぶつかり合うことが似合うRIXE。80年代のフレンチOiとBlitzが掛け合わさったと評される彼らのショウは、ここで逃すともう日本では観られないので、無理してでも来て欲しいです。


これは過去の音源を集めた編集盤。"Razzia"から"Infatigables"への繋ぎ、"Coups & Blessures"や"Hexagone"のメロディー、"Rixe"での転調と言う名のモッシュパートなど楽しむところが沢山あります。
ほとんどの音源がLa Vida En Musのバンドキャンプから聞けるので、チェックお願いします。

*

Digital Octopus

6/11(火) 東京・西荻窪Pit Bar with Ignition Block M and SANOA
7:30pm open / 8pm start
¥2,000-

<RIXEは出演しません>


RIXE

6/13(木) 東京・幡ヶ谷 Heavysick
with DREADEYE,The SLOWMOTIONS and YALLA
7:30pm open / 8pm start
¥2,500- + 1drink

6/14(金) 愛知・名古屋 Ripple
with MILK and NIC FIT
7:30pm open / 8pm start
¥2,000- (include 1drink)

6/15(土) 岡山・津山 K2 
with DANCE MY DUNCE, LAST,  MASTERPEACE, SKIZOPHRENIA and SLAVE SYSTEM DECONTROL
DJ TADAYAH
8pm start
¥2,000-

6/16(日) 大阪・難波 Bears
 with blamm, CENTIPEDE, OOPS and SKIZOPHRENIA 
6pm open / 6:30pm start
Adv ¥2,000- / Door 2,300yen

6/18(火) 神奈川・西横浜 El Puente
with LOW  VISION and TRAGIC FILM
7:30pm open / 8pm start
¥2,000- + 1drink

6/19(水) 埼玉・秩父ladder ladder
with badactor, HOCKLE HOCK, NO and piss all overs
6:30pm start
Adv ¥1,500- / Door ¥1,800-

6/20(木) 小岩 Bushbash
with KLONNS, MOONSCAPE,PAYBACK BOYS and RAW DISTRACTIONS
7:30pm start
¥2,500- + 1drink

6/22(土) 韓国・SEOUL GBN Live house with SLANT

ツアーポスターは東京でのPOPUPも最高だった、L.A.にあるDESCONTOL PUNK SHOPのSALが担当してくれました。

*
なおベースのWattieはLION'S LAW(2019年も含め、2度来日済)やBROMURE・新バンドFACTION Sで、ギターのTomはHARDxTIMESやSQUELLETEなどで活躍中。

今回はドラムであるMaximeのソロプロジェクトDIGITAL OCTOPUSも6/11に西荻窪Pit Barでライブを行います。(ちなみにもう1つのソロプロジェクト CONDORはちょうどアメリカツアー中。バックバンドはボストンのSAVAGEHEADSのメンバー周辺とのこと。ツアーポスターは前述のSalが手がけています。)
DIGITAL OCTOPUSはPUNK /  HARDCOREの楽曲をテクノカバーをするプロジェクトです。

マイメン SHEER MAG - What You Wantのカバー

驚きのCRO-MAGS - Don't Thead On Meのカバー

他にもNEGATIVE APPROACHやTHE MISFITSなど、沢山のカバーやってるんでチェックしてみてください。

ここで触れないわけにいかないのですが、検索するとまず出てくるのがホワイトパワーの代表格でもあるバンドのカバーソング。最初ツアーの話が出た時に、こちらのことを思い出し、ツアーを組むことを躊躇したのですが、

・本人にも確認し、彼自身ユダヤ系フランス人であり、該当する曲はジョークのカバーであること(実際ジャケットもかなりふざけてて笑えます)
・仏英西米豪伯などの友人などからも、彼に対する後ろ向きな発言はなく、寧ろ最高という意見だったこと

を含めて、ツアーを行うことを決めました。


普通に考えれば、海外の色々なフェスに何度も呼ばれているし、FUCKED UPやARMS RACEのメンバー達とバンド始めてるし、そもそもメンバーのWattieはS.H.A.R.Pだし、ってところなんですが、気にする人や誤解をする人もいるかなと思いこの文章を書いています。



イギリスのSTATIC SHOCK WEEKENDでの一コマです。
シアマグメンバーからもRIXE楽しんでね!って言われました。


*
ツアーは全力でやりますのでタイミング合う方はぜひ!

2.24.2019

The Original Mixed-Up Kids - 7" & Release show

*
The Original Mixed- Up Kids - 1st 7"
7" + Download code

Side A
Promises

Side B
Beyond The Dimension


*
先日の京都でのライブから手売り開始しました。
その流れで先日京都にオープンしたMARONASTY氏による"とぅえるぶ"に納品済。
(ちなみに同じ建物の1階はBACK TO BASICSのシンタロウさんによる"食堂マルシン"です。左京区聖護院山王町11-1

近日中に各店舗 / ディストロに納品予定ですのでしばしお待ちください。


UNK DISTRO(青森)
Mothperdicio Tapes Distro(仙台)
Bushbash(小岩)
BASE(高円寺)
NAT(新宿)
G.R.G distro(東京 /  GUAYS)
r / dream on records (綱島)
FILE UNDER(名古屋)
closet distro (名古屋 / Killerpass)
とぅえるぶ - twelve -(京都)
PUNK AND DESTROY(大阪)
distro Cabbage Case(徳島)
SP Records(島根 / web)
Waterslide Records(web)
diskunion(各店 / web)

*
レコ発・東京編は4月に行います。

The Original Mixed-Up Kids - 1st 7" release show


4/6(SAT) BUSHBASH, Koiwa, Tokyo


●Show
The Original Mixed-Up Kids(from Kobe)
Void of psychokinesis(from Sapporo)
UNDER SOCKS (from Kanuma)
SANOA(from Tokyo)
DEATHRO - Beatles Lonely Set -(from Ken-O)

●DJ
BISCO  (episode sounds) 
USHI (number two)
and more

Ticket  Adv 2,000yen+1drink / Door 2,500yen + 1drink
Open 6pm Start 7pm

前売りはBUSHBASH / 出演者 / こちらに前日までに連絡ください。

*
Power pop /  Sweet punk rock band from 神戸。前身のHead Roseを知ったのが2016年。The Exploding Heartsみたいなバンドが日本にもいるんだと声を掛けるもHead Roseは活動休止に。彼・彼女たちの情熱は消えることなく、程なくしてメンバーチェンジを行いThe Original Mixed-Up Kidsとして再登場。グラムロック感も残しつつ、The Clash、New Order、The Cure等の美しいメロディからの影響をより強く表現した素晴らしい2曲を7"としてリリース。レコーディング時はドラマーによる録音だったが、現在はリズムマシンを導入し活動中。

レコ発は「東がThe Sleeping Aides & RazorbladesとVoid of psychokinesisなら、西はHead RoseとThe Original Mixed-Up Kids」と思っていたところに、カセットから大きな変貌を遂げた栃木のUNDER SOCKSとファーストショウで衝撃を与えたSANOA、そしてKEN-OエリアからDEATHROがBeatles Lonely Set (つまり弾き語り)でサポート。DJはepisode soundsのBISCOとバンドにもzine作りにも精を出すnumber two Ushi君がしっかりとやってくれるので、楽しい1日になるはずです。